デジもの通販 生活雑貨通販 フード・ドリンク通販 ダイエット通販 コスメ・スキンケア通販 モテリーマン通販

2017年11月24日

シュワッガーのマーケット教室 ――なぜ人はダーツを投げるサルに投資の成績で勝てないのか 書評 感想 あらすじ 要約 要旨



リスク調整済みリターン尺度として、シャープレシオよりもソルティノレシオの方が望ましい

リスク調整済みリターン尺度が大きいときは、レバレッジを使って、リスク調整済みリターン尺度の小さい投資戦略よりも、リスクを低いままにしてリターンを引き上げることができる

分散投資をするべきである



投資信託を評価する時に、シャープレシオが使われていますが、ソルティノレシオでの評価もしてもらいたいです




posted by Master at 22:19 | Comment(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月01日

書評 感想 あらすじ 要約 要旨 投資家が大切にしたいたった3つの疑問



相場に打ち勝つための唯一の基本は、他人が知らないことを知ることである

疑問一
実際には間違っているが信じているものは何か

疑問二
あなたに見抜けて他人に見抜けないものは何か

疑問三
私の脳は自分を騙して何かをしようとしているのか

三分の二と三分の一ルール
損失のおよそ三分の二は弱気相場の終盤三分の一にならないと起きない



MSCI ACWIをベンチマークとしているETFに投資し続けるのが、投資を本業としていない人が財産形成を図る最も効率が高い方法だと思います




posted by Master at 23:52 | Comment(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月03日

書評 感想 ピーター・リンチの株の法則---90秒で説明できない会社には手を出すな



優れた会社は、配当を毎年増やすのが普通

投資する会社を小学生に90秒で説明できるようにする

8〜12銘柄を観察し、一度に保有するのはせいぜい5銘柄




posted by Master at 22:35 | Comment(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月02日

書評 感想 1勝4敗でもしっかり儲ける新高値ブレイク投資術



最新の手持ち資金残高の20%を賭ける

損失が10%を超えたら損切りする




posted by Master at 23:38 | Comment(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月05日

書評 感想 サヤ取り入門 増補版



サヤ取りのパターン分類
・A 順ザヤの縮小を取るパターン1
・B 逆ザヤの拡大を取るパターン2
・B 順ザヤの拡大を取るパターン3
・D 逆ザヤの縮小を取るパターン4
   (アルファベットは難易度を示す Aが易、Dが難)

サヤのピークは相場のピークとだいたい一致する

サヤの開閉の周期は15日、30日が多い

なるべく大きいサヤの波を狙って仕掛ける

順ザヤ期でのひとつの山は拡大を始めた値段の水準までもどることが多い

危険な動きがあれば損切りするべし チャンスはいくらでもある

「びよーん」はサヤの転換が近いサインのひとつ

両方の限月(あるいは市場)でストップ高あるいはストップ安になったときは転換のサイン

逆ザヤがいったん同ザヤに近くなるくらいまで縮小した後の拡大を狙うのがベスト

周期を根拠に仕掛けた場合は必ず周期を基に手仕舞いをする

サヤ取りの練習を始めるための10カ条
1 サヤ取り練習中、他の売買は一切やらない
2 ブロック、玉帳、グラフは手書きで
3 1−1枚、単発仕掛け、単発手仕舞い
4 板寄せ銘柄の同銘柄異限月から始める
5 銘柄を絞る
6 終値で判断して始値で売買する
7 パターンを絞ってドテンは禁止
8 休みを入れる
9 勉強ノートを駆使する
10 損切り規定を必ず設ける

サヤ取りを続けていくために
1 サヤ取りはビジネスとしての売買である
2 スリルを追求してはならない
3 一度に大きく取ろうとしてはならない
4 ただし、少ない利益を狙ってはならない
5 損小利大が大原則である
6 サヤ取りも相場、けっしてなめてはならない



著者の年間収益率についても説明してあればよかったと思います
「サヤ取りはビジネスとしての売買である」と言っているので、どの位の資金量でどの位のリターンが期待できるのかということが知りたいと思ったのです




posted by Master at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月01日

書評 感想 相場で負けたときに読む本 ~真理編~



相場に勝つための3要素は価格、価格、価格である

上がるか、下がるかではない
いつ上がるか、いつ下がるかだ

相場とは「こうなればこうする」という未来への対応を、過去のデータを用いて検証することでより良い対応に育てていく、いわは「育成ゲーム」なのです



筆者は、裁量トレーダーをやめて、システムトレーダーとして相場に取り組んでいるそうです




posted by Master at 21:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月18日

株式サヤ取り入門―確率論に基づく「上野式」でシンプル投資



著者は、林輝太郎氏を心の師と仰いでいるようです
私も林輝太郎氏の著書は、何冊か読んでいます
売買技法について、詳細に書かれていて、道具や資料の大切さを説かれています
グラフ、場帳、玉帳等の記帳を毎日、淡々と続けていくのは、実に忍耐のいる作業であることは、実際にやってみるとすぐに実感できると思います
二分割エントリーと一括エグジットを繰り返す売買練習は、基礎を身に付ける上で、欠かせないものです
さや取りの基礎売買をしばらく続けることにします




posted by Master at 00:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月03日

CFDサヤ取り入門



サヤ取りに興味があったので、読んでみました
CFDで取り扱っている投資対象の多さは、とても魅力だと思います
国際分散投資の観点から、CFD投資を開始することにしました




posted by Master at 23:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月20日

相場の上下は考えない「期待値」で考える株式トレード術 ──サヤ取り投資が儲かる理由



鞘取り投資を自分で試してみて、感じたのは、投資損益の変化(ボラティリティー)が小さいということです
しばらく続けて、投資成績を検証してみるつもりです




posted by Master at 00:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月20日

気づきの投資術―投資心理のメカニズムを知りマーケットに勝つ究極の智慧



ディシプリン(discipline 規律)というのは、売買ルールも含めた、トレードに対する規範のこと

新田ヒカルの12冊
























ディシプリンを守ることに報酬を与え強化していく、これが投資の世界で長期的に成功する最大のコツです



自分で設定したルールを厳守することが長期的に投資で成功する秘訣なんでしょうね




posted by Master at 00:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする